bi-op(バイオプ)の特徴


bi-op(バイオプ)とはバイナリーオプションの略であり、外国通貨取引の一種です。FXは価格が上昇するか、下降するかだけでなく、利益の幅や損失の幅も自分で決断し、取引を行わなければならないため、深い知識や経験が必要になります。バイオプはトランプのハイアンドローのようなイメージで、例えば1分後に価格が現在の値より上昇しているか、下降しているかを予想するというものです。利益や損失の幅が固定されているため、単純に価格が上がるか、下がるかのみを予想すればよく、FX等の取引と比較すると非常に単純であり、初心者でも始めやすいという特徴があります。またバイオプにはレバレッジがありません。レバレッジとはあらかじめ取引会社にお金を預け入れることで、それを証拠金として、本来取引できる金額より何倍も大きな額の取引を行うことができる仕組みです。ただし、レバレッジを大きくするとその分損失も大きくなるため、一瞬にして大金を失うリスクがあります。バイオプの場合レバレッジがないため、最大損失額を把握した上で、安心して取引を行うことができます。とはいえ、損をする可能性もありますので、慎重に取引を行いましょう。

bi-op(バイオプ)が選ばれる理由


一日に数多くの取引を行いたいけれど、プラットフォーム側のレスポンスが遅かったり、手続きに時間がかかるせいで取引の回数が制限される場合もあります。そんな使いにくいプラットフォームに悩まされていた方々が、これならばスピーディな取引ができると喜ばれているのが、bi-opというプラットフォームです。最短で60秒で短期取引ができる上に、最長でも180秒しか必要としないという、そのスピード重視の仕様が多くの方々から評価されるようになりました。
1分と2分と3分の中から取引時間を選び、為替の動きに合わせて取引ができるという、その手軽さが好評な理由です。パソコンなどの機械操作が苦手な人であっても、3つのボタンから1つを指定してクリックするだけで、取引ができるという手軽さを感じられます。1口の取引額は1000円からという、少ない金額から取引を始めてみたいと思っている人も、試しに利用しやすいプラットフォームがバイオプです。

私はこの理由があり、bi-op(バイオプ)を使っています。


そこまで資金的に余裕が無かったので、色々なプラットフォームを試しながら取引を行う事もできず、どれを利用すれば良いのかと悩まされていました。そんな時に知人から教えてもらったbi-opは、1口で1000円からという安い値段で取引をさせてもらえるために、試しに利用してみようかと思わせてもらえました。bi-opはクリック一つでも簡単に取引ができるようになっており、1分から3分までの3つのボタンを押すだけで、取引の結果を待っていられるのが簡単で嬉しいです。
他に使っていたプラットフォームは、どこをクリックしたら良いのかも分からず、取引を始めるにも時間を必要としたり、操作ミスをする事もありました。しかしバイオプを使い始めてからというもの、暇な時間に3分程度で取引をさせてもらったりと、暇潰し感覚で取引を楽しめるようになっています。機械操作が苦手な自分でも使いやすい、理想的なプラットフォームをようやく見つける事ができました。