ハイローオーストラリアのペイアウト率の違い


ハイローオーストラリアでは、常に値上げりを続けたり、常に下がり続けたりするような金融商品はありません。そのため、延々とコールオプション、プットオプションを同じ方向で買い続けていれば、いつかは必ずヒットすることになります。
ハイローオーストラリアでは1分や5分などの短期のオプションの取引をすることもできますが、1時間や23時間など長期の取引をすることもできます。長期の取引ほどペイアウト率が高くなっていますので、短期の取引と比較するとリスクも小さくなっています。

取引を避けた方が良い時


1時間に近い2時間の取引は日本国内の業者でも行うことができますが、国内のバイナリーオプションはラダー形式となっているため、購入した瞬間よりわずかに値動きした程度では取引に失敗してしまうこともあります。
海外のバイナリーオプションではラダー形式を提供しているところもありますが、多くがハイロー形式のオプションです。そのため購入した瞬間のレートが取引の成功を分かれ道となるのです。
連続して同じ方向のオプションを購入する場合、できるだけ判定時間と同じタイミングで購入することがコツの1つです。特に短期の場合はわずかな誤差でも成功と失敗に大きな影響を与えてしまいます。
値動きが荒い時間帯やデバイスの通信速度が遅い場合、注文がはじかれてしまうこともあります。値動きが荒いときは表示されているレートをしっかりと確認してから購入するようにしましょう。

取引に慣れてくると、常にポジションを保有していたいと思うことがあります。しかし値動きが少ない時間帯は取引を避けたほうが良い場合があります。

ハイローオーストラリアは途中棄権可能


レンジ相場でも特に値動きがないような時間帯では、運要素が強くなってしまいます。値動きがある時間帯で購入したオプションが成功している場合、判定前に反対のオプションを購入することによって、挟み撃ちにすることができます。挟み撃ちは成功しているオプションと同程度の金額が望ましいでしょう。
もし両方とも成功すれば2倍近いリターンが得られますし、もし失敗したとしても損失はほとんどありません。
この挟み撃ち購入は他の業者でも利用することができますし、もちろん国内のバイナリーオプションの取引でも利用できる取引のコツです。
同じ判定時間にリスクを取りすぎてしまうと、失敗したときに取り返しがつかなくなってしまうことになりますので、できるだけリスクは低く抑えられるような取引ができるようになると良いでしょう。
時には途中売却をして、損失を限定するような取引も重要です。